TOP > <与謝野馨氏>月刊誌に随筆 「がんによる入院だった」
 ← 少年サンデー:人気作家・伊坂幸太郎の「魔王」をマンガ化 連載開始 | TOP | 表参道ヒルズに「迷彩」テーマの期間限定セレクトショップ

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


<与謝野馨氏>月刊誌に随筆 「がんによる入院だった」 

2007年06月09日 ()
Advances in mathematical economics(volume 10)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070608-00000076-mai-pol
 病気療養から4月に復帰した自民党の与謝野馨前経済財政担当相が8日発売の月刊誌「文芸春秋」7月号に「告知」と題する随筆を寄せ、がんによる入院だったことを明らかにした。その上で、年金問題について「告知の義務が今、政治に求められている」と財源を確かにする税制改革の必要性を強調している。党内では、財政再建論者の与謝野氏の「秋の税制改革論議への意欲の表れ」との受け止められている。
最新経済情報は・・・経済ランキング


 随筆は、年金制度を安定させる論点として(1)定年制の延長(2)経済活力との調和(3)税制改正――の3点を提示。特に税制について「抜本的に変えてゆかなければ(すなわち国民負担の増大)、日本の優れた社会福祉制度は維持できない」と警鐘を鳴らした。
 与謝野氏は昨年11月、入院のため党税調会長を辞任。参院選を前に自民、民主両党とも消費税の論議を控えているが、与謝野氏は「『事の本質』を避けていこうとすることは、がんになって怪しげな民間療法に頼ると同じくらい危険なこと」と、明確な処方せんの必要性を説いている。【竹島一登】

消える中間管理職


◆経済関連ブログ記事
またしても 放置気味 - 音に聞く、つれづれ日記 (6月8日14時57分)

介護事業がビジネスとして成り立ちに... - おもいつくままにかきつければ (6月8日14時56分)

name of the truth. - +++ aerial game +++ (6月8日14時55分)

へんしーん - うれぴくなる消費生活で日本経済を応... (6月8日14時54分)

新米ママ誕生☆ - だるまのヒトリゴト (6月8日14時54分)

現役下着モデルの競馬攻略法【朝の1... - 現役下着モデルの極秘競馬情報 (6月8日14時53分)

佐々木美千子 プロネクサス - 一日の出来事 (6月8日14時52分)

8日の日記 - CPAって何?あなたも学んでみませんか... (6月8日14時50分)



◆経済関連の無料のレポート情報
自分の好きな写真で作る。素敵なカレンダーの作り方。

カレンダーってただでもらえますが、気に入って使ってるものってあんまり無いですよね。

でも、自分の好きな写真(芸能人、自動車、ペット・・・)が入ったカレンダーがあったら、カレンダーを見るたびやる気もちょっとupすると思いませんか?



ブログで属性の合う濃い読者のアクセスとメルアドをガンガン集める方法

ブログのアクセス、本当に獲りたい読者のものですか?

私のアクセスの伸びるページはどれもこれもニュースや芸能ネタを使ったコラムでした。肝心のネットビジネスに関するページはさっぱりアクセスが伸びませんでした。
ふとしたことから自分のサイ…

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.09(Sat) 02:16] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 少年サンデー:人気作家・伊坂幸太郎の「魔王」をマンガ化 連載開始 | TOP | 表参道ヒルズに「迷彩」テーマの期間限定セレクトショップ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://blog002078.blog103.fc2.com/tb.php/374-7fc1d41e
 ← 少年サンデー:人気作家・伊坂幸太郎の「魔王」をマンガ化 連載開始 | TOP | 表参道ヒルズに「迷彩」テーマの期間限定セレクトショップ

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。